新規就農しませんか?~比較ランキングサイト~

新規に就農を目指す方を徹底的にサポート

日本の農業の未来は暗いと言われていましたが、決してそんなことはありません。産直市は連日賑わいを見せていますし、無農薬野菜の売り上げは大きく伸びています。価格はもちろんですが、安全な食材への関心は高まりを見せています。

それを証拠に、新規就農を果たす若者が増えています。地元にUターンして農業に精を出し、地域の活性化に大きく貢献しています。ただ、農業は軌道に乗るまでが大変だと言われています。田畑の確保や農機具の購入がハードルで、土台を築くには時間を要します。

そんな新規就農希望者をサポートしてくれるのが、このサイトではないでしょうか。何も分からない状態からのスタートでも、徹底的にサポートしてくれます。TPP参加交渉が佳境に差し掛かっていますが、日本の農業の力強さを示すには格好のチャンスではないでしょうか。当サイトを活用して、新たなビジネスモデルを構築して下さい。

農家のおしごとナビ

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

農家のおしごとナビは千葉市の会社が運営する農業のための求人サイトです。このサイトでは一般の求人サイトと同様に条件検索で検索ワードや地域、業種、雇用形態、寮の社宅ありかないかなどいろんな視点で求人を探せるようになっています。

その条件別の検索の下のほうでは新着求人情報、インフォーメーション、あぐりーんトピックスなどのコーナーが設置されています。そのうち新着求人情報のコーナーでは新規就農のための求人が写真付きで複数の求人が掲載されています。

インフォメーションのコーナーでは各地の農業イベントの予定や現地体験レポートで具体的な活動の報告がなされているし、あぐりーんトピックスのコーナーではどんな仕事か、これから農業を志そうとする人たちへの現場の経営者の人たちのメッセージ、各市町村の概要、農業に就農した人たちの声などが掲載されています。

鹿児島県農業・農村振興協会

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

新規就農を行う際には、多彩な情報を提供している専門サイトを活用できます。特に鹿児島県で新規就農を目指している場合には、鹿児島県農業・農村振興協会が役立ちます。鹿児島県に特化した情報がそろっており、情報の比較検討も簡単に行えます。

鹿児島県農業・農村振興協会の場合、鹿児島県の新規就農者の状況をわかりやすいグラフで紹介しています。年度ごとの推移や作物別構成比などの情報もわかるため、どのような作物にするのかを決める際にも役立てていけます。

また、全国で行われる就農や就業の相談会の日程表が用意されているので、利用しやすい相談会を選択することが可能です。就農相談や市町村支援策などの情報も利用できるため、具体的な就農計画を立てていく際にも高い利用価値があります。

むかわ町地域担い手育成センター

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

むかわ町地域担い手育成センターでは、新規就農の研修中から就農開始、就農後の支援など、一人一人にあった支援制度の利用をサポートしています。むかわ町は、北海道の中でも雪がとても少なく、冬もビニールハウスでの栽培が可能です。

むかわ町地域担い手育成センターの新規就農は、トマトと春レタスを組み合わせることによって、比較的、初期投資が少なく、高収入を見込める安定した農業経営が可能です。その他、ニラやほうれん草などの組み合わせの経営も可能です。

更に、むかわ町新規就農等受入協議会は、将来むかわ町に定住し、意欲を持って農業に取り組もうとする新規就農者、農業研修、農業体験の希望者を受入れる農家の連絡調整等及び、受入れに必要な統一事項の決定を行っています。

あおもり農林業支援センター

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

新規就農を円滑に行うためには、多彩な情報が掲載されている専門サイトを活用することが重要となります。多彩な情報が掲載されている使いやすい専門サイトの一つとして、あおもり農林業支援センターが存在しています。

あおもり農林業支援センターでは、就農相談や新規就農関連資金の貸付、無料職業紹介などのサービスが提供されています。就農相談では、相談事例の一覧などを確認することができます。そのため、どのようなシーンで相談を行えるのかを理解することが可能です。

新規就農関連資金の貸付では、資金の種類や内容などを簡単に理解できる表が閲覧可能となっています。また、無料職業紹介のサービスを利用すれば、新規就農に利用できる求人情報一覧などを確認して申し込みを行えます。

新城市役所

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★★
満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★
公式サイトはコチラ

昔は、日本人の多くは農業をしていました。と言ってもすべての人が自分の土地を持っていたわけではなく、地主から土地を借りて行うことが多かったようです。農業と言いますと広い土地が必要なイメージがありますが、持たなくても行える場合がります。

今人気があるのが新規就農です。これまでサラリーマンなどをしていた人が、新たな仕事として農業を始めたい場合、応募することが出来ます。新城市役所 から募集が出ていて、いろいろな農作物を作ることが出来ます。農作物も選べます。

需要が高く安定した収入が期待できるのがイチゴです。また、1年を通じて一定の栽培をすることが出来るのがホウレンソウです。これからの市場価値上昇が期待されるのがトマトです。それらの中から選んで、農業をすることが出来ます。

豊後高田市役所

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★
満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

豊後高田市役所では新規就農する方を支援するシステムがあります。豊後高田市は大分県北東部、国東半島の西側に位置し、穏やかな気候と山、海に囲まれた豊かな自然が特徴です。米、白ねぎ、畜産を中心に園芸品目やそば、椎茸の栽培も有名です。

豊後高田市役所が力をいれている新規就農者向け品目は、販路が確保しやすく、比較的安定した収入が見込める品目として、花きであるスイートピー、トルコギキョウ、ホオズキなど、そのほかイチゴなどを薦めています。

農業を始めるためには資材、機械、施設等の取得費用や経営が安定するまでの生活費など多額の資金が必要となります。事前によく調べて資金計画を立てておくことが大切です。豊後高田市役所では丁寧にまた親切に指導してくれます。

新規就農にある未来と課題に関して

独自の資源が少ない日本にとっては、農業は後世に伝えて行かねばならない産業です。
しかし、そんな気持ちとは裏腹に担い手は不足しています。農業は3Kのイメージがありますし、海外から農作物が輸入されることで儲けが出ない印象があります。
ただ、その一方で新規就農する若者が増えています。理由は行政の支援で、大学や専門学校においてアグリスクールが開講されています。農作物の育て方はもちろんですが、資金調達や農業機器のリースも行ってくれるようです。新規参入のハードルが下がることで、新たに農業を始めようとする若者にとってはチャンスと言えるのではないでしょうか。日本の農作物は、世界的に見ても安全性が高く評判も素晴らしいです。
世界の国々に輸出されていて、経済を下支えしています。加工販売の技術も確立されているので、未来は明るいと言えるのではないでしょうか。


新規就農者が公的資金を活用する方法

近年は転職先に農業を選択する人が増えてきています。
特に45歳未満の人への支援策があり、依然と比べるとかなりハードルが下がっています。
新規就農者の数は数年前から持ち直しており、また45歳未満の占める割合も増えてきています。
そしていよいよ就農をこっちでしても、資金の貸し借りで 悩む人が多くおられます。その資金を補助金で集める代表例として青年就農給付金があります。種類は研修期間に受け取れる準備型と、実際に農業経営を始めてから受ける経営開始型があります。この給付金は新たに農業経営を始める人が対象になっており、その内容は借入額が全額無利子になっていること、無担保・無保証で借りられること、保証人も原則不要であることが特徴になっています。この制度は2014年から始まり、利用は着実に伸びてきています。
新規に農業をする若い人には身近な融資制度になっています。


若者にも注目され始めている新規就農とは何か

新規就農というのは、新しく農業に従事することを指します。
学生をしていて卒業後に農業を始めるケースが、近年は目立ってきています。政府が新規就農者に対して様々な支援をしているのも理由の一つでしょう。また、他人の下で働きたくないという若者が増えているのも理由かもしれません。農業なら、自分の好きなように働くことができますし、上司の顔色を窺う必要もありません。顧客対応も最低限で済ませられるので、コミュニケーションが苦手な人には最適なわけです。
都会で生まれ育った人は、自然に触れ合う仕事をしたいと考える傾向が強くなっているのも、理由の一つに数えられますね。 まったく未経験で農業を始めるのは大変ですが、政府の支援を受ければ案外簡単に独立可能です。金銭的な給付を受けられるのが大きいですし、各種セミナーも無料で受けられたりと至れり尽くせりです。

ページトップへ