新規就農しませんか?~比較ランキングサイト~

TOP > 就農について > 地方の活性化と新規就農に関して

地方の活性化と新規就農に関して

 地方の衰退が叫ばれて久しいですが、自治体は傍観をしている訳ではありません。様々なアイデアを出していますし、その一つが新規就農のサポートではないでしょうか。空き家を格安で貸し出して、若者に農業に取り組んでもらいます。地方の農家は後継者不足に頭を抱えていて、互いのニーズが一致をした政策と言えるのではないでしょうか。
 農業の役割は農作物を作るだけではなく、加工や販売を手掛けることも出来ます。そうすることで所得が上がりますし、新規就農を目指す若者が増えるのではないでしょうか。都会では特にそうですが、農作物の信頼が揺らいでしまっています。生産者の顔が見える農業スタイルになれば、もっともっと発展することが出来るのではないでしょうか。効率化を含めてですが、日本の農業は大きく変わろうとしていますし、ピンチをチャンスに変えることが大切です。


 未経験からの新規就農者が増えています

 男性、女性を問わず未経験から農業を仕事として始める人は増えています。新規就農には、独立して自ら農業経営するほか、農業法人に就職するという形もあります。就農に関心はあるけれどどうしらよいのか全くわからない場合は、まず農業を知ることから始めましょう。パンフレットの資料を読む、就農した先輩の話を聞くなどです。経営が軌道に乗っている事業者の話ももちろん参考になります。
 加えて自分と状況が似ている方や、農業を始めて年数が浅い方の話も聞くとよいでしょう。新規に就農する前後数年に実行したことや課題、苦労した点は有益な情報です。情報を常に集めながら、実際に農業を体験しましょう。公的機関にも新規就農相談窓口があります。イベントや学校での体験や研修、インターンシップなどを活用しましょう。有料や無料、期間は数週間程度などあります。


 新規就農をスタートするのに必要なもの

 自分でもの作りをしてみたい、農業に興味があるなど、農業を始めてみたい気持ちはあるものの、何から手をつければいいのかわからない方が多いようです。新規就農は、1つ1つきちんと手順を踏んで準備すれば決して難しいことではありません。準備しなければならない物と知識はあらかじめ決まっているのですから、それを丁寧に揃えて行けばいいことです。
 まず、準備しなければならない物は、農地と住居、そして売り先です。せっかく上手く栽培できたのに、売り先が決まっていなければ家庭菜園とほとんど変わりがありません。農業を始めるには、売り先が決まっていなければなりません。農業を始めたとしても作物が育たなければ収入を得ることができませんから、作物を育てて収入になるまでの貯金も必要です。その上で、栽培技術と良い作物を育てるための経験が必要です。これらを準備すれば、明日からでも新規就農することができます。

次の記事へ

ページトップへ