新規就農しませんか?~比較ランキングサイト~

TOP > 就農について > 学生によって実現される新規就農

学生によって実現される新規就農

新規就農の動態は、学生によって果たされることも以前に比べて多くなってきているのではないかと考えられています。
高校や大学を卒業して、農業に飛び込む人が多くなり始めているとみられ、若い人材が農業の繁栄に貢献するケースが多くなっているとみられています。
こうした学生による農家への参加は、全国的に見ても事例が多くなっていると考えられており、農業の分野を支える人の存在が増える契機になっています。
学生による新規就農の実現に対しては、充実した支援や農家としての仕事のできるための研修の制度も敷設されています。
この取り組みは各々の地域や自治体で主導される動きが多く、学生を卒業してからのキャリア支援の一環としてもも取り組まれています。
この一連のサポート体制にも助けられ、学生が新規就農を果たするケースは更に増えることが期待されています。



新規就農者が成功するために必要とされること

新規就農とは、農業の仕事に就いて一年未満の方のことを言います。
これまでは学生や他の仕事に就いており、新規で農業の職務に就いた者が新規就農者と呼ばれます。
現在の日本は農家などが廃れていると言われており、このままでは海外からの輸入に頼ることになるとさえ言われているほど、農業は貴重な存在となっています。
その背景には天候に左右されやすいことと、技術が必要とされることが挙げられます。
そのため、農業の世界では、新規にて農業を始める方をバックアップするシステムを取り入れることで人材不足を解消しようと試みており、新規就農者には農業における技術力の指導などの他に、農機具などの提供を行ったり、資金の援助を行い、成功までを手助けしてもらえるシステムを取り入れている地域も少なくはありません。
農業は今始めて明日収穫があるものではないため、日本の農業を守るためにも、新規の就農者への協力は必要不可欠です。



新規就農に挑戦する人が増えています

卒業シーズンにおいて高校あるいは大学等が終了しその次のステージに進行するうえで、今までは高校、あるいは大学で習ったジャンルのコースに進学することがほとんどでしたが近頃では新しい選択肢という形である分野が高い評価を得ています。
その新しい選択肢である分野が新規就農といわれています。
新規就農につきましては農業の道に進んでいくことを意味し、農業高校のフィールドで学習していた方だけでなく、異なる分野で習っていた方、あるいは現在において勤務している方が仕事を辞め農業の仕事に就くことを意味します。
農業に対して関わることが拡大をみせているのは、食の関心が活発になることを通して農業の重大性が認識されているだけではなく新しいフィールドにトライすることで自分自身の存在価値を高くできるという観点によって加わる人が増えていると言えます。

次の記事へ

ページトップへ