新規就農しませんか?~比較ランキングサイト~

TOP > 就農について > 新規就農に取り組むうえでの環境的要因とは

新規就農に取り組むうえでの環境的要因とは

新規就農に取り組むうえでの環境的要因は複数あります。
過去国内の食をフォローしてきた農業に関しては岐路に立っています。
農業に関わる仕事に従事してきた年代そのものが高年齢化し畑を耕すことが実行できず放置畑が増加してきています。
その結果農業に取り組むうえで土地を見い出すことが困難だったのが、この放置畑が増加することを通して、反対に新たな形で農業をスタートする方にとって土地入手が簡単になったと言えます。
それに加えて農業を関わる人が増加することは放置畑解消に結び付くので、地方自治体にとりましても有難いメリットです。
ですから農業をスタートするためのノウハウ、あるいは準備資金などを貸し付けるシステムが充実しています。
更に現代では日本食が全世界で社会現象となっているように、日本国内の農産物がワールドワイドに競争できるシステムが整いつつあります。



新規就農をスタートする際のウィークポイント

新規就農をスタートするうえで利点のみに目を向いて、ウィークポイントに意識を向けないのはリスクが高いといえます。
元を正せば農業は作れた農作物をセールスして実益を生み出すものですが、農作物につきましては生き物のためその年の自然的な周辺環境に影響を受けるものになります。
その結果インターンシップによって農業の重要となるノウハウをマスターしたとしても、実際の上での農業ではそのように行くわけではない可能性が高く、スタートしてからしばらくは低い収入になることを念頭に置いた上でノウハウを築きあげることが必要不可欠になります。
それに加えて準備資金を貸し付けてもらうといいましても、その後の農業に取り組むうえで入用になる経費は自己負担になります。
更に農業は出来上がった農作物を売り払うことで実益を生むことから、農作物を売り払うルートをきちんと確立していなければ収益が生まれないという膠着状態になります。



新規就農をスタートする上での重要ポイント

ひとくちに農業と言いましても、ワークスタイルはひとつではありません。
したがって、、まず第一に自分自身がどういった形で農業を行ないたいのかを決定することが不可欠です。
具体的には、いずれの地域で、とのタイプの作物を成育させるのか、それにスケールはどれくらいを希望しているのかです。
これに関しては人によって色々異なります。
実際的な目標を設定した上で、どういう事をすべきかを選んでいくことが重要になります。
過去農業と繋がりがなかった方の場合、イメージのみではハッキリしていない部分も多くなりますので、きちんと事前調査をしておくことも肝要になってきます。
現実の上で新規就農をサクセスさせた方が、どういった方法をとったか、どういった経験値を積み重ねていったのかをチェックしてみるのも賢明でしょう。
新しい世界に入るためには、きちんと事前準備をすることが重要です。

次の記事へ

ページトップへ