新規就農しませんか?~比較ランキングサイト~

TOP > 就農について > 新規就農をする場合に知っておくべきこと

新規就農をする場合に知っておくべきこと

 脱サラをして農業を始めたいと考えている方が結構いるかと思われます。残業が多くてプライベートの時間が取れない、人間関係に悩んでいる等の問題を抱えながら働いている人は少なくないので、ストレスが少ない農業に転職することは賢明な選択だと言えます。上手くいけば数千万円以上の収入を得ることも可能なので、やってみる価値は大いにあります。
ただ、新規就農をするにあたって知っておくことがあるので、しっかり認識しておいてください。まず、初期費用が結構かかってしまうことになります。トラクターは中古でも数百万円かかってしまい、新車だと1000万円以上となります。全くお金をかけずに行うのは不可能だと言えます。また、安定的に稼げるようになるまでに多少の時間がかかってしまう点も知っておく必要があります。最初はサラリーマン時代より収入が少なくなる可能性が高いです。就農をする場合は長期的な視野を持って行うことが大事です。


新規就農者になって自然とともに夢を叶える

新規就農者とは、農家世帯員のうち調査期日の前々年 の就業状態区分が「勤務が主な人」と「学生の人」で、過去1年間の普段の就業状態が「 農業が主な人」に該当することです。かつては農業が第1次産業に分類されていましたが、近年では生産に加えて加工(第2次産業)や販売(第3次産業)にも主導的な立場を担うことから、6次産業とも呼ばれたりします。それだけに、これからの農業には様々な知識や経験が必要とされ、またしっかりとした農業の担い手を育成してくことを国や行政が主体となって動き出しました。
新規就農希望者を対象に、これまで学生やサラリーマンなど農業を仕事として行ってこなかった人が生産する喜びを体で感じてもらうカリキュラムが各地で用意されています。夢として理想を話すのではなく、現状を見て知って貰いながら、さらに工夫を加えて改良する楽しさを味わってもらうようになりました。


新規就農をすることが人気を集めています

農業に興味を持つ人が増加をしています。新規就農をする場合にはまず何も知識がないと出来ないので、指導をしてくれる人や専門的な知識や技術を習得することが出来る学校に通ってみるのもよいでしょう。農業は少し前まで人気がありませんでした。それは365日休むこともできず、天候や気温によって収入も異なってきます。繊細なケアが必要となることがあるので、かなり大変です。
豊作になることがよいことですが、豊作になると単価が安くなってしまうので、十分な収入を得ることが出来なくなることもあります。競争が激しいということもあるので大変ではありますが、やりがいを感じることができる、ということで新規就農を希望する人が増えています。後継者問題に悩んでいる人にとってもプラスになることが多いので、どういうところで支援を受けることが出来るのか調べてみるとよいでしょう。

次の記事へ

ページトップへ