新規就農しませんか?~比較ランキングサイト~

TOP > 就農について > 新規就農をする場合に考えること

新規就農をする場合に考えること

農業はあまり人気がないと考えられていましたが、最近では新しいスタイルの農業を行うところが増えてきました。
収入よりももっと大事なことをテーマにしていたり、日本の食を支えたいという気持ちから新規就農を考える若い世代が増えています。
農業を職業の1つとして考えるようになっており、跡継ぎがいない農家にとっても近隣に引越しをしてくれる若い人たちがいれば心強くもなります。
高校や大学で農業に関する知識を学んで、実際に就農をすることができれば、夢を叶えることにも繋がります。
新規就農を支援している地方自治体も多くなっていますし、住宅の補助を出してくれるところもあります。
出来るだけ多くの人に来てもらい、農業を行って欲しいと考えている自治体も増加をしています。
就農をする際には補助や近隣の人とのつながりも考える必要があります。



新規就農を行い、自給率を上げましょう

新規就農とは、新しく農家へ就農することであり、今注目を集めています。
その理由は、日本の自給率は低迷していることもあり、輸入なしでは生きていけない国だからです。
もしも、海外情勢が変わり、日本が輸入出来なくなってしまったとしたら、とても危ない状況となっています。
その為に、新規就農する方が増え、さらに自治体によっては、助成してくれるところもありますので、今注目されています。
農家を継ぐ方も年々減っており、日本の自給率が危ぶまれています。
その為に、新規就農する方を増やすことが、国の一つの目標となっています。
自分で作った物を人に食べてもらう喜びは、計り知れません。
日本の自給率を少しでも上げる為に、若者に農業を知ってもらう機会を多く与えさえている都道府県もあり、これから益々若者に農業の魅力を知ってもらわなければなりません。



新規就農に参加するための基本的な条件

最近は都会で働くことにつかれてしまい、ストレスにより日常生活や仕事などでの故郷に帰り農業などで生計を立てようとする人も増えてきています。
新規就農なども盛んで、毎年相当数の人たちが農業にチャレンジしています。
その数はこれからも増えていくと予想されます。
しかし、農業といっても簡単に素人が初めて誰もがうまくいくということはなく、十分な準備をしながら始める必要があります。
始め方としては、まず情報を集めて、それらを吟味して現実的に職業として続けることができるかどうかを検討します。
どこで始めるかや、どんな種類の農作物で始めるかなどや、経済的な将来性などや指導をしてくれる人や制度が整っているかなども重要ですし、何よりも体力が必要なので、長期的な労働の続けることができるかどうかなどもよく考えます。
あとは体験者に直接会って聞くということも参考になります。

次の記事へ

ページトップへ