新規就農しませんか?~比較ランキングサイト~

TOP > 就農について > 農業を仕事にしたいなら、新規就農を

農業を仕事にしたいなら、新規就農を

新たに農業を仕事にしたいとお考えのかた、いらっしゃることでしょう。新規就農を希望しているといったことになります。
その際には、農業、栽培、販売などに関する知識を得る必要があります。新規就農をお考えのかたは、行政側で補助されることがあります。農業大学での教育を受ける、農家のかたに頼み、研修をすることもできます。費用、設備、農機具類などは、行政側で補助金が出る場合もあります。新規就農希望者で就農をお考えのかたは、まず、市役所などで相談することをオススメします。農家で求人募集していて、就農に関する勉強をすることもできます。就農に必要な栽培方法、販売方法などを学べる機会です。
求人情報は、ハローワークで得られますから、ハローワークの受け付けスタッフ、求人情報掲載先の会社のスタッフに話を伺ってみてください。


新規就農は地方の支援も重要です

農業を始めることを考えている方は、仕事を始めるための資金のことなど、課題がいくつかあります。
そこで、地方の支援に注目する事も大切なポイントです。
人口減少が進んでいる地方の街もあり、定住する事を考えてもらえるように、いろんな支援をしてくれるところもあります。
新規就農に関する支援に力を入れる所もあり、空き家を使わせてくれ、しばらく住むことができたり、農業の体験をして、作り方などをきちんと学んでもらえるように支援してくれるところも探せます。
また、資金に関する事も支援してくれる制度をチェックする事で、仕事をはじめやすくなる方もいます。
地方の中には、畑が使われていない状態で放置されている場合も、新規就農の支援を進めることで、畑を使う人が増えたり、地方で定住する方が増えるなどメリットがあります。
地方の支援に注目する事も大切です。


新規就農と若者のチャンスに注目です

若い方の中には、非正規雇用の働き方を続けている方も多く、将来のことで不安に感じる方もいます。
仕事を安心して続けられるように、定年を心配することなく、続けられる仕事を見つけることも大切です。
新規就農によって、定年を気にすることなく、仕事を一生懸命頑張れるようになる若者もいます。
農業は、大変に感じる仕事もありますが、やりがいも大きいですし、必要とされる仕事です。
若い方も農業を始める方は多く、支援してくれる制度も探せます。
高齢化が進む街もあり、農業を続けていくのが難しいと感じるご年配の方もいるため、若い人に仕事を教えていく方もいます。
新規就農は若い方も歓迎してもらえるので、支援制度などをチェックして、スタートしやすい環境を見つけることも大切です。
地方での生活を始めることで、都会と比べて、生活費などを安く抑えられるメリットもあります。

次の記事へ

ページトップへ